【骨格診断】順番にチェックをしていくだけ!オンラインで簡単自己診断♪

骨代

骨格診断、気にはなってるけど実際診断を受けると結構高いし、もっと気軽に診断できる方法ってないのかな?

確かに骨格診断をサロンで受けると1万円前後…というところが多く、中々気軽に受けることができませんよね。

そこで今回は、自分の体と照らし合わせて答えていくだけで、骨格タイプが自己診断できるチェックリストをご用意しました♪

ぜひ鏡をご用意の上チェックしてみてください!

1.自己診断Check Point1.手と手首

手の特徴について

①厚みがあり小さめの手
②薄く標準サイズの手
③骨感のある大きめの手

手のサイズが判断できない場合は、体全体とのサイズで比較をしましょう。

身長や体格と比較して手が大きめな印象を受けるか、小さめな印象を受けるか、どちらとも感じないかの3択となります。

また、骨感については手首の尺骨茎状突起がはっきりでているかと手の甲の筋が目立つかがポイントとなります。

手首の特徴について

①細く厚みがあり丸に近い
②薄く平べったい
③骨を感じる四角っぽさ

鏡で腕全体をチェックすると

  1. タイプの方は二の腕から手首/手にかけて細くなる
  2. タイプの方は同じような太さで手まで続く
  3. タイプの方は手が大きいく腕が長い

という印象となります。

手と手首それぞれどちらに近いかチェックしましょう。

2.自己診断Check Point2.鎖骨

①見えないor目立たない
②細くはっきりと見える
③太くはっきりと見える

まずぱっと体全体を見た時に、鎖骨が目立って見えるかどうかをチェックします。

  • 鎖骨が目立たない⇒①
  • 鎖骨が目立つ⇒②or③

鎖骨が目立った場合は太さや存在感でチェック。

しっかりとした太さがある場合は③を、目立ってはいるものの細く華奢な印象となる場合は②となります。

3.自己診断Check Point3.腰周り

①ウエストから腰までが短い
②ウエストから腰までが長い
③直線的な腰周り

まずウエストと腰までの距離でチェックします。

  • ウエストから腰までが短い⇒①or③
  • ウエストから腰までが長い⇒②or③

距離がチェックできたら、腰周り形をチェック。

丸みがある場合は①or②に、骨感を感じる直線的な腰周りの場合はを選びましょう。

横から見た場合

  1. タイプの方はヒップの丸みがしっかりとあり、メリハリがある
  2. タイプの方は腰~ヒップにかけてなだらかで曲線的
  3. タイプの方はヒップラインも直線的

という形になっています。

4.自己診断Check Point5.重心

①上重心
②下重心
③偏り無し

全身が映る鏡で体を見た時の重心の位置についてチェックをします。

見ただけでは判断しにくいという方は、ハイウエストローウエストどちらがしっくりくるかでもチェックができます。

  • ローウエストがバランスがとれる⇒③
  • ハイウエストがバランスがとれる⇒②
  • ジャストウエストがバランスがとれる⇒①

5.自己診断Check Point6.足

膝下の特徴について

①皿が小さく膝下が細い
②膝下が外側に湾曲している
③皿が大きくすねの骨が太い

膝から足首までのラインをチェックします。

まず膝を確認し、骨感がある場合はまたはタイプとなります。

反対に皿が小さく、骨を感じないタイプはとなります。

②と③のタイプはすねの骨や形をチェック。

  • すねの骨も太くまっすぐ⇒③
  • すねの骨は存在感が薄くO脚になりやすいタイプ⇒②

となります。

足の特徴について

以下の3つのタイプから近いものをチェックします。

  1. 足は小さめで甲高
  2. 足のサイズは標準
  3. 足のサイズは大きく、筋や骨が目立つ

足だけを見るとサイズ感がわかりにくいので、手のサイズ感の時と同様に全身とのバランスで比較しましょう。

6.結果発表

これまでチェックした項目で、一番多い数字があなたの骨格タイプになります!

もし、同じだけ選んだ数字がある…という方は、最後こちらの2択で決定してください。

  • ①と②が同数

⇨ハイウエストがしっくりくれば②、こなければ①

  • ①と③が同数

⇨鎖骨がはっきり出ていれば③、出ていなければ①

  • ②と③が同数

⇨ハイウエストがしっくりくれば②、ローウエストがしっくりくれば③

①のチェックが多かった方

Straight(ストレート)タイプ

①が多かった方は『シック』『クラス感』のあるスタイルがお似合いになるストレートタイプ

引き算スタイルが得意なので高級感のあるシンプルなお洋服を選ぶのがオススメです。

オススメアイテムはこちらから👇

②のチェックが多かった方

Wave(ウェーブ)タイプ

②が多かった方は『ソフト』『華やか』なスタイルがお似合いになるウェーブタイプ

足し算スタイルが得意なので装飾のある華やかなお洋服を選ぶのがオススメです。

オススメアイテムはこちらから👇

③のチェックが多かった方

Natural(ナチュラル)タイプ

③が多かった方は『ラフ』『カジュアル』なスタイルがお似合いになるナチュラルタイプ

フレームがしっかりしているため、モード系の服も着こなせます。ゆったりした人カジュアルなお洋服を選ぶのがオススメです。

オススメアイテムはこちらから👇

※こちらはあくまでも簡易診断のため、診断結果の補償は致しかねます。ご注意ください

7.まとめ

いかがでしたか?なんとなく私はこの骨格タイプかもしれない!というのがわかった方もいるのではないでしょうか。

そんな方は、ぜひさらにご自身のタイプを深掘りしてみてください!

なんだか結局よくわからなかったな…という方は、サロンでのプロ診断をお勧めします。

自己診断で骨格タイプをチェックする場合

  • 自分への先入観が入る
  • 必ずしも全ての要素がピッタリ当てはまるわけではない

ということもあり、正しく診断をすることが難しいことがあります。

その点プロ診断であれば

  • 先入観なしにチェックをしてもらえる
  • 全ての要素を踏まえた上で総合的に判断をしてくれる

ため、しっかりと自分が何タイプか診断してもらうことができます。

自分の骨格タイプがきちんと知りたい!という場合は、ぜひプロ診断を受けてみてくださいね♪

診断方法についてはこちらの記事も参考にしてください⇩

診断サロンの検索はこちらから♪

この記事を書いた人

イメージコンサルティングサロン”Fashion Lab.

代表 東 純子

東京都世田谷区にてイメージコンサルティングサロン”Fashion Lab.”を運営。お客様の悩みを丁寧にヒアリングし、具体的な解決策をご提案しています。