【骨格診断】オンライン診断/自己診断はできるの?

骨格診断についてネットで調べてみると、

  • 自己診断
  • オンライン診断
  • サロン診断

という診断方法が出てきます。

色々な診断方法があると、”結局どうやって診断するのが良いんだろう?”と悩まれる方も多いかと思います。

そこで今回は各診断方法の違いやメリット・デメリットについてご紹介していきます!

1.自己診断

現在はネットで調べれば各骨格タイプの特徴について知ることができます。

また診断のポイントを解説している動画なども多くあるので、それを踏まえて自分はどういうタイプなのか?と診断をする方法です。

1.自己診断の特徴

自己診断は自分で自分を診断する方法のため、もちろんお金はかかりません。

また、自宅で鏡さえ有れば診断することができるので非常にお手軽な方法だと言えます。

しかし自分で自分を診断する場合、どうしても主観が入ってしまうため正確性には欠けてしまいます

特に、タイプの特徴がドンピシャにでているわけではない方(”ストレートタイプだけど胸の厚みがあまりない”、”ウェーブタイプだけど胸位置が高め”など)などは判断が難しく、自己診断では間違えてしまう可能性が高まります。

また、診断後どういったアイテムが自分に合うのか?ということもネットから情報を集める必要があり、タイプが判明してもそれを生活を生かすのに一手間かかってしまいます

2.自己診断のメリット・デメリット

メリット

  • 費用がかからない
  • ネット情報などを参考にして手軽にできる

デメリット

  • 正確性に欠ける
  • 診断の結果をどう生かすかも調べる必要がある

2.オンライン診断

オンライン診断は、実際に会うことなくZoomやTeamsなどといったWeb会議ツールを使い、オンラインだけで診断する方法。

または指定された写真と問診についての解答をコンサルタントに送り、それを元に診断をする方法のことを指します。

1.オンライン診断の特徴

オンライン診断は価格帯の幅が1,000円~10,000円程度と広く、ご自身の予算に合わせて診断先を選ぶことが出来ます。

また、場所や時間の制約が減るため自分に合うコンサルタントを探して予約しやすいというのも特徴です。

一方、診断方法にもよりますが“写真を自分で準備する必要がある””問診に解答しなければならない”という手間がかかる側面もあります。

写真が診断に必要な要素を捉えていない(角度違いなどで本来の見た目と異なった印象を与える)、問診に主観が入り込んでしまう、実際の質感については確認ができない、などの問題もあるため実際に対面での診断と結果がずれてしまう可能性もあります

また受ける診断先にもよりますが、診断以外のアドバイスは別途有料になるなど受けられるサービスが限られている場合もあります。

2.オンライン診断のメリット・デメリット

メリット

  • 予算に合わせて幅広い価格帯から選ぶことができる
  • 場所や時間の制約が少なくハードルが低い
  • コンサルタント選びの幅が広がる

デメリット

  • 診断必要な物を用意する手間がかかる
  • 提供する情報の質次第では診断結果が間違いとなる場合がある
  • 診断のみで詳細なアドバイスがもらえないこともある

3.サロン診断

サロン診断は実際にコンサルタントと会って診断を受ける方法です。

基本的にはサロンを開業しているコンサルタントのところまで行って診断を受けますが、出張診断やレンタルスペースを借りての診断などを行っている場合もあります。

1.サロン診断の特徴

サロン診断は価格帯の幅が広く7,000円~20,000円程度となります(地域によって価格帯が変わる場合もあります)。

実際に会っての診断となりますので、その他の方法に比べて診断の精度はあがります

また、当日その場でファッションの悩みに対するアドバイスをもらえたり、独自の結果シートをもらえるなど、診断するだけでなくきちんとその人に合ったアドバイスをもらえることが多いです。

一方で骨格診断自体は特別な資格がなくても行うことができるため、正確な診断ができるサロンを見極める必要があります

また、どうしても場所や時間に制約がかかってしまい、納得のいくコンサルタントを見つけるには時間がかかる場合もあります。

※骨格診断をサロンで受ける場合の詳細はこちらから

2.サロン診断のメリット・デメリット

メリット

  • 全方法の中で精度が一番高い
  • その場で悩みの相談をすることができる
  • 個別のファッションアドバイスを受けることができる

デメリット

  • 他の方法に比べて価格が高い
  • サロン選びきちんとする必要がある
  • 時間と場所の制約が出てくる

4.まとめ

いかがでしたか?

各診断の特徴がつかめたかと思います。

診断を受けたい時は以下のポイントを踏まえて、どういう方法をとるか検討することをおすすめします!

  • 予算感
  • 目的(診断だけでいいのか、個別アドバイスまで欲しいのか)
  • とれる時間とサロンの場所

 

この記事のPoint
  • 一番費用がかからないのは自己診断
  • 精度が一番高いのはサロン診断(サロンを選ぶ必要は有り)
  • 自分が診断を通してどうなりたいか目的を明確にして方法を決めることがおすすめ

 

この記事を書いた人

イメージコンサルティングサロン”Fashion Lab.

代表 東 純子

東京都世田谷区にてイメージコンサルティングサロン”Fashion Lab.”を運営。

お客様の悩みを丁寧にヒアリングし、具体的な解決策をご提案しています。